放送作家 岩井田洋光 公式サイト


HOME.gifプロフィール.gif作品紹介.gifお問い合わせ.gif


◆放送日が正式に確定したもの。
放送日が正式には確定していない、または発表をひかえているもの。
◇既に一部の放送局では放送を終え、系列局での放送が残っているもの。

予告_ガイアの夜明け.png
【テレビ東京】 火曜日よる10時から (1時間)
案内役:江口洋介さん  ナレーション:杉本哲太さん
◆ 5月28日 放送分
◆ 6月 4日 放送分
◆ 6月11日 放送分
◆ 6月18日 放送分
【BSテレ東】 金曜日 夕方6時からも放送しています。
*1週前に地上波で放送した作品の再放送です。
予告_その他1.png
【福井テレビ】5月30日 15時45分から(1時間)
◆開局50周年記念番組
『聖職のゆくえ~あなたは「給特法」を知っていますか~』
ナレーション:菅田将暉さん
*福井テレビ放送後、フジテレビ系列の各局で放送予定。
bbb.png

3月から5月にかけ、何度か北陸の福井に通っていました。福井テレビの仕事です。
今年も美味しい越前そばが食べられて、幸せでした。
ぎりぎりカニの季節にも間に合い、幸せでした。
銘酒「黒龍」と「梵」の最強セットを駅の売店で見つけ、列車のなかも幸せでした。

ところで、あなたは『給特法』という法律をご存知でしょうか?
公立の学校の先生には、その働き方の特殊性から残業代を出さない替わりに、
基本給の4%を「教員調整額」という名目で支給するという法律です。
実は、当の先生方すら知らない人が多いのです。

「教員調整額」をもらっているので、残業代は出ません。
4%というのは、月8時間の時間外労働に匹敵する数字だそうです。
つまり学校の先生は、月8時間の時間外労働以上は、
いわゆるサービス残業になるわけです。
公的な調査では、先生の6割近くが過労死ラインと言われる
月80時間以上の残業をしていることが分かっています。
今回取材させていただいた学校にも、月100時間以上という先生が・・・。

しかし多くの先生には、「時間外労働」という考えさえないようなのです。
「先生だから・・・」「子供たちのために・・・」、実にけなげな考えなのです。
その一方で、2000年代に入り教師の精神病(多くがうつ病)が急増。
働き盛りでの過労死や大病による休職や辞職も増えています。
学級崩壊やモンスターペアレントなど、20年30前からあった問題に加え、
今年1月に起こった・・・教師を挑発して、殴られた動画を拡散するといった
昔なら想像すらできなかった落とし穴さえあります。

学校がブラック職場であることが知られるようになったのか、
公務員の人気は高いのに、教員志望者は減っています。
かつては競争率20倍近い時もありましたが・・・
今年は最低の県で、1,2倍にまで落ち込んでいるそうです。  

実は問題の「給特法」、1971年、48年も前に制定された法律。
半世紀前の遺物が、先生の献身的な労働を「ただ働き」にしてきたのです。
なぜ、そんな法律が制定されたのか?
なぜ50年近くも変えられなかったのか? そんな謎に番組は迫ります。
ナレーションは菅田将暉さんが引き受けてくれました。

実は私も40年以上前、教員試験を受けました。
母校の中学校に教育実習に行き、
「やりがいのある仕事かも・・・」と思ったのですが・・・。
見事に落ちました。
(5月22日更新)

更新履歴一覧